メインビジュアル メインビジュアル

アイアクトのWebサービス

お客様が新しいWebサイトで何を始めたいのか、
ビジネスの上で何を解決したいのか…

私たちのWeb制作は、そんなお客様の想いを実現することを目指して、
お客様とゴールを一緒に考えるところから始まります。

そして、Webサイトの初期リリースから⻑期的な運用サポートに至るまで
「お客様にいつまでも頼られるパートナー」に向かって、
Webサイトをしっかりとつくり込んでいけるのが、私たちの強みです。

提案

  • ヒアリング

    すべてのスタートは、お客様を知るところから

    support
    • Webディレクター

    私たちのWebサイト制作は、お客様の「お悩み」について、お客様と一緒に向き合うところから始まります。 Webサイトの制作は「ビジネスの課題」を解決するためのひとつの手段。 お客様がどのようなビジネスをされていて、何が課題かについて、まずは聞き取りを開始します。末永く続くお客様の良きパートナーとなるには、理解を深めることが不可欠です。

  • 企画

    お客様の課題解決が見える企画を提案

    support
    • プロデューサー

    ヒアリングでお聞きしたお客様の「お悩み」をどのように解決していくか、現状分析や同業他社の分析を行い、現在のWeb業界のトレンドなどを踏まえて、様々な視点から最適解となるサイトの仕組みやイメージを導き出していきます。
    ご提案がお客様の心に届いて、初めて正式にお仕事をいただくことができます。

受注

  • 設計

    設計とは、Webサイト制作に向かう航海図づくり

    support
    • プロデューサー
    • Webディレクター
    • フロントエンドエンジニア
    • CMSエンジニア

    実際にWebサイトの制作に入る前に、制作メンバー全員がそれぞれの立場から意見やアイデアを出し合い、プロジェクトをゴールまで導く航海図となる「設計書」を作成します。
    企画段階で決めた目標に向かって、具体的にどのような手順で、どう制作物として落とし込むのか、この段階で、お客様を含むプロジェクトメンバー全員が同じ目標を持てるように、すり合わせをする必要があります。
    ここで要件を見落としてしまうと、この案件が前に進まなくなる可能性が高まるため、きめ細かく・丁寧に設計していきます。

  • 構築

    どんどんカタチが見えてくるWeb制作!

    support
    • プロデューサー
    • Webディレクター
    • CMSエンジニア

    設計書を元に、実際にWebを制作していきます!
    画面の表現やレイアウトを決めるデザインフェーズから、そのデザイン通りに画像やテキストを表示させるコーディング、サーバーのアプリなどと連動させるシステム構築フェーズまで、こまめにお客様にレビューしていただきます。そして、そこでいただく新たなご要望を汲み取りながらチーム一丸で制作を進めます。
    ここまで想像の中にしかなかったWebサイトがメキメキと形になっていくので、 1番楽しい段階かもしれません。

公開

  • 運用

    公開してからが本当のスタート。お客様に寄り添えるパートナーへ。

    support
    • プロデューサー
    • Webディレクター
    • デザイナー
    • フロントエンドエンジニア

    サイトを制作してお客様にお渡しをすれば終わりではありません。
    むしろ公開してからの業務の方が多岐に渡ります。
    定期的なメンテナンスはもちろん、アクセスログを解析して新しいコンテンツや設計変更のご提案をしたり、新しい機能の実装をしたりとお客様を色んな角度からサポートしております。
    そのため、アイアクトはWeb業界では珍しく10年、20年と、⻑いおつき合いのあるお客様がたくさんいらっしゃいます。私たちにとってWebサイトの公開は次の目的地への新たなスタートでもあるのです。

アイアクトのAIサービス

私たちはAIを使った自社製品、
『Cogmo Attend=AIチャットボット』と『Cogmo Search=AI検索』を持っています。

通常の受託(お客様からやりたいことを相談される)のではなく、
『Cogmo』製品をWebサイト、セミナーなどで広く周知しながら、
興味を持っていただいたお客様と実現されたい業務改善の姿などを一緒に追求しています。

同時に、市場の声を反映した製品のブラッシュアップにも努めています。

サービス制作/認知拡大

  • 製品開発・アップデート

    お客様の声と市場動向を、製品にいち早く反映

    アイアクトの『Cogmo』シリーズは、AIを活用しつつWebサービスとして展開しています。AIは要素技術・応用技術ともに進化の速い世界です。お客様の声を捉えて製品自体の使い勝手の改善や機能の追加を常に行い、営業経由で市場全体の動向を察知していち早く製品をブラッシュアップしていかなければ、市場で生き残れません。エンジニアは3か月サイクルで新製品開発を進めています。

  • 認知

    AIというバズワードの中で、
    Cogmoを知っていただくきっかけをつくる

    Webサイトのコンテンツを充実したり、イベントや講演に登壇したり、セミナーを開催したり。あるいは、販売パートナーと一緒に行うプライベートセミナーなどを通して、潜在的な顧客層に『Cogmo』製品の魅力をアピールしています。ここでは、AIチャットボット『Cogmo Attend』についての流れをご紹介します。

    main work
    • PR
    • マーケティング
    • 販売促進

提案

  • 営業・提案

    AIのスピード感は速い。一度の機会を逃さない

    support
    • PR
    • プリセールス
    • テクニカルセールス

    Webからの問合せ、セミナーでの相談など、興味を持っていただいたお客様先を訪問し、『Cogmo』製品の紹介をしながら課題を伺い、その場で解決策を提示します。お客様のAIに関する判断スピードは速いことが多く、その場で提案することが重要です。会社に戻ってからも、すぐに資料として御見積と提案書を送付します。多くの場合、最初の打ち合わせで、お客様のAI導入となるか、流れるかが決まります。

受注

  • 受注・AI学習の下準備

    AIに取り組んだことのないお客様を、迅速にストレスなく導く

    受注が決まったら、AIの学習準備に入ります。『Cogmo Attend』では、1-2か月でチャットボットを公開するスピード感でプロジェクトは動きます。チャットボットをつくったことのあるお客様はほとんどいませんので、制作上でお客様サイドに行っていただきたいこと、必要となる工程などに関してAIディレクターが先回りして道筋をつくり、お客様がストレスなく、学習用のデータを準備いただけるように支援します。

  • AI学習

    AIの面白さを感じられる、制作の醍醐味

    お客様からいただいた、QAリストを元に、AIを学習させます。ユーザからどのような質問のされ方をするのか、一回で応えられない回答に、どう導いていくのかなどを考えながら、AIの学習を行っていきます。プログラムは不要ですが、国語力やコミュニケーション力、そもそもの言語を突き詰める能力とそれを楽しめるセンスが必要です。学習が終わると、Webサイトなどにチャットボットを設置して公開となります。

公開

  • 運用

    ユーザの生の声が反映できる、新しいWeb

    support
    • AIディレクタ

    チャットボットを公開すると、様々な質問が入ってきます。回答は用意していたが、質問文を理解できていないもの。回答そのものを用意していなかった、想定外の質問。そのようなユーザの声がログとして入ってきます。 Webサイトでは、ページに人が来たかどうかしか分かりませんが、チャットボットは、知りたいことをダイレクトにログで分かるので、改善がしやすいです。逆に、使えないWebサイトより使えないチャットボットの方が、ブランド毀損は大きいので、PDCAを回すのはWebサイト以上に迅速に、厳しく行っています。その分、問い合わせ対応工数の削減や新しいマーケティングツールとしての成長などで、お客様にとっても、私たちにとっても結果成果は今までにない価値あるものです。

社員紹介

お問い合わせはこちら