メインビジュアル

Web
ディレクター

新卒入社 3年目
平野梨緒
プロフィール

新卒入社して、あっという間の2年でした!
現在は大型案件の運用のディレクションをメインに、新規案件のディレクションも担当。
休みの日には、音楽鑑賞や映画鑑賞でリラックスしています。

大学での専攻

大学は社会学部でメディア社会学を専攻しました。
具体的には、日本人らしさとは何かについて外国人にインタビューし、取りまとめたものを冊子に編集するような内容です。
アドビのイラストレーターを使って冊子の制作を行っていました。

キャリアパス

新卒1年目は、営業を経験しました。お客様とどのように信頼関係を築いていくのか、先輩のやり方を見てとても勉強になりました。

2年目からはWebディレクターに。最初は社内でデータを登録する作業など、簡単な運用業務から始めました。
現在は、ある公共機関の1万ページ以上の大規模なサイトを、新しいCMS(コンテンツを管理するシステム)に移行する大掛かりなプロジェクトで進行管理を担当しています。
もうすぐ移行が完了し、運用フェーズに入ります。

今後はデザインに踏み込んだりエンタメ系のサイト制作も経験したりするなど、Webディレクターとして幅を広げていきたいですね。

アイアクトへの志望理由

大学時代は社会学の研究内容を冊子に編集するゼミに所属したことからものづくりに興味を持ち、0からコンテンツをつくって発信していく仕事にたずさわりたいと思い、アイアクトを志望しました。

お客様から直接依頼をいただけるアイアクトであれば企画段階からプロジェクトに関われますし、制作が終わった後から続く運用まで含めた、トータルなものづくりができると感じました。

1日の流れ

メインの業務が進行管理であるため、1日に行うことは多岐にわたります。
デザイナー・コーダーへの依頼や、お客様との資料・原稿のやりとりなどを行うのですが、
もっとスムーズに効率よく管理ができるようになりたいと思っています。

10:00

メールをチェック後に1日の組み立て

私の朝は、お客様からの連絡を確認することから始まります。お客様からの依頼内容を見て、優先順位をつけて、いつまでに対応するのかなど、その日の仕事のスケジュールを組み立てます。
判断に迷うこともありますが、何でも聞ける先輩が近くにいるので、相談しながら計画を立てています。

11:00

チームメンバーに連絡事項を伝達

進行管理という立場上、社内のコーダーやデザイナーにその日にお願いしたいことを伝えます。
技術的な不明点や困ったことがある場合も、その場で専門分野のプロに気軽に聞ける雰囲気があるのが、アイアクトの良いところだと感じています。
まだまだ知らないことがたくさんあるので、日々勉強中です。

15:00

意見をまとめるミーティング

お客さんが実現したいことをチームメンバーに明確に伝えると同時に、それを実現するための技術や解決策について、デザイナーやコーダー側からの技術的なポイントについて意見を貰うことをしています。社内にはいくつかミーティングスペースがあって自由に使うことができるので、仲間とのコミュニケーションが本当に取りやすい環境です!

16:00

お客様やメンバーに渡す資料の作成

Webディレクターには、提案資料や画面デザインの基本構成となるワイヤーフレーム、工程の管理表など、つくるものが数々あります。
お客様にどう伝わるかを考えながらつくらなければならないため、毎回頭を使います。
社内の参考書や過去の事例を見ながら何とか作成した資料に、「分かりやすいね!」といったような反響があると、ちょっとしたやりがいを感じます。

18:00

プロジェクト進行で重要なタスク整理

1日の仕事が終わるタイミングで、タスクの整理を行います。
その日の業務のまとめや、翌日の業務の予定、その先の動き方の計画等について、確認や整理を行うことはプロジェクトを進める上で重要な作業となります。
翌日、先輩にタスクの報告をした際に今後の進め方のアドバイスを貰えるので、自分自身の振り返りにもなることから、とても大事な時間です。

就活生へのメッセージ

どんなメディアでも、思ったことや感じたことを正確に人に伝えるのは難しいですが、伝えるために工夫をしていく時間はおもしろいものです。
しかも、Web制作の仕事は、考えた結果がサイトという目に見える形になるので、作り終えた時の達成感はとても大きいものです。
私自身、まだまだ勉強中の身ではありますが、アイアクトには学べることがたくさんあると感じていますし、キャラの濃い仲間がたくさんいて楽しい会社ですから、興味のある方は是非説明会などに足を運んでみてください。

職種紹介

お問い合わせはこちら