新卒社員の1日

安西優奈
CMS部 フロントエンドエンジニア
安西優奈 Anzai Yuna
2016年入社
趣味:アカペラ、料理、刺繍など

安西さんの1日の流れ

フロントエンドエンジニアは、 “Webサイトの見た目”をコーディングし、作る仕事です。
お客様の要望やWebサイトの使いやすさを追求し、日々試行錯誤しています。
そんなフロントエンドエンジニアの1日を見てみましょう。

AM9:30
1日の始まりはサイト公開作業から

この日はAM10:00からWebサイトの公開作業があるので、早めに出社して準備を開始。お客様の大切なサイトが全世界に発信される大切な作業ですので緊張感を持って挑みます!

AM11:00
毎日やることに意味がある“朝会”

チームメンバーで”朝会”をしています。フロントエンドエンジニアの主な業務内容は、HTMLやCSSと呼ばれる言語を使用して、実際にユーザーがWebサイトを見ることができるように制作することです。この業務を円滑に進めるため、毎朝その日のタスクをメンバー全員で確認し、人手が必要なプロジェクトには誰かがサポートに入って対応しています。朝会を実施することでチームメンバー全員でプロジェクトを円滑に進められています。

毎日やることに意味がある”朝会”
PM2:00
制作前には打ち合わせが欠かせない!

新しいプロジェクトについて、ディレクターから制作するWebサイトの内容を共有してもらいます。例えば「新着情報」などを一覧で掲載するエリアには最大何件まで表示されるのか、文字数の制限はあるかなど、作るだけで終わらず、これから更新していくことを想定した仕様を確認していきます。最善の方法でWebサイトを制作していくのが私たちの役目だと思っているので、打ち合わせはWebサイトを作るために必要不可欠です。

PM2:30
案件を通して日々スキルアップ

打ち合わせが終わり、早速コーディング作業に入ります。入社当初は未経験だったので右も左も分からない状態でしたが、先輩方に一から丁寧に指導してもらったおかげで今では20~30ページ規模のWebサイトを一人で制作できるようになりました。効率よく無駄のないコーディングでサイト制作ができるよう、日々試行錯誤中です。

案件を通して日々スキルアップ
PM6:30
仕事や予定にあわせた働き方を

今日の業務は終了!少し早く出社した分、早めに帰ります。アイアクトはフレックスタイム制度があるので、仕事の状況やプライベートの状況で出社・退社時間を調整できるんです。私は最近ヨガを始めたのでこれからスタジオに向かいます!お疲れ様でした!

どんな仕事をしているの?

Webサイトのフロント部分を作ることをコーディングと言います。フロント部分というのは、今実際に皆さんが見ているこのページのような目に見える部分を指します。
多くの人がWebサイトを見れるように仕様(更新する頻度、更新される場所、閲覧するブラウザなど)を踏まえ、HTMLやCSSと呼ばれる言語を使用して制作します。実際には目に見えない部分での様々なルールがあり、そのルールの上でお客様の希望に沿うように仕上げたり、使い勝手が良いWebサイトになるよう工夫していきます。コーディングの技術力を日々磨いて取り組むことが私たちの役目だと考えています。

アイアクトを選んだ理由

就活の軸に、「自分と相手、世の中が納得できるものを作りたい」という想いがありました。その中で『お客様に対して、押し売りでもなく、言いなりになるわけでもなく、お客様とWebサイトを利用する人たちのためになる提案をしている』という話を聞き、自分の軸に近いものを感じたのがアイアクトを選んだ理由の一つです。また社員の皆さんの雰囲気が良くて、居心地がよさそうだと感じたことも大きなポイントでした。

安西優奈

就活生へのメッセージ

Webサイトに関する知識や経験がほとんど無かった私でも、同じチームの先輩方に手厚く指導してもらえたことで、今では1人でプロジェクトを任せてもらえるようになりました。2年目が終わる今、仕事に対しての不安は、様々な実務を経験したことで少しずつ確実に解消され、それが自信に変わっていくのだと強く感じています。
就活生の皆さんも、就職に対しての不安を抱えているかと思います。アイアクトに興味を持ってくれたのなら、まずは説明会や面接に来てみてください。「こんなこと聞いてみていいのかな…」と思うようなどんなに小さな疑問や相談でもぜひ話してみてください。皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!

アイアクトに興味を持ったら…
  • 営業
    Sales 平野梨緒 2017年入社
  • Webディレクター
    Web Director 平野瑛 2015年入社
  • AIエンジニア
    AI Engineer 勝又啓道 2017年入社
ページ上部へ戻る