【3/8開催】Webセキュリティセミナー

「セキュリティ対策のされたWebサイトでなければユーザが離れていく?!」

~新年度は運用もサポートも信頼できるサービスを選びませんか?~

セミナー申込者特典
Trend Micro Deep Security as a Service 6月末まで無料
※特典適用につきましては本セミナーにお申込頂き、セミナー当日の相談会または、後日弊社担当からご連絡の上
ご説明させていただきます。

セミナー概要

企業Webサイトを狙ったサイバー攻撃はますます増加しています。 年度が変わる前に、自社での現状対策の見直しや、来期に向けた新たなセキュリティ施策をしっかり考えてみませんか?
今回は、Web制作会社・サーバインフラ会社・セキュリティ会社が共催、 顧客の信頼を失わないためのWebのセキュリティ対策について、4社の視点で 分かりやすくお話させて頂きます。 皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

※セミナー後、セミナー講師による相談会を実施いたします。 5社限定となります。  
※ご希望の方は申し込みフォームにてお申し込みください。

開催概要

日時:2018年3月8日(木) 14:30から17:00(受付 14:00)
場所:東銀座(株式会社アイアクト)
参加費:無料
定員:40名 ※定員になり次第締切とさせていただきます。
対象:企業のWeb担当者様、Webリニューアルを検討されている方、
Webシステムのご担当者様、IT/Web初中級者の方、現在のWeb・セキュリティを学びたい方

共催:株式会社アイアクト、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社、トレンドマイクロ株式会社、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

プログラム

タイムテーブル セッションタイトル
14:30~14:50 第一部『Web企画制作はもちろん、サーバ設計構築~セキュリティ対策までトータルにご提案します

「FireWallがあるから大丈夫」ではありません。
脆弱性診断、パッチ保守、WAF、IDS/IPS、改ざん検知。
Webに係るさまざまなリスクには、それぞれのセキュリティ対策が有ります。
Webご担当者様が「セキュリティ対策をキチンとしたい」と思ったとき、アイアクトは、サーバ・ネットワーク構成からセキュリティ対策まで、トータルソリューションとして、お客様に最適なご提案をさせて頂きます。

株式会社アイアクト
営業部 SIビジネス推進担当
岩崎崇生
14:50~15:30 第二部『Webサイト改ざん対策は、「対応」から「検知・復旧」へ』
~サイバーセキュリティ経営ガイドラインから読み取る「検知・復旧」の必要性~


2017年11月に、経済産業省より、改訂されましたサイバーセキュリティ経営ガイドラインVer 2.0が発表されました。
この中で、年々高度化、巧妙化しているサイバー攻撃への取り組みとして、「防御」を主とした対策だけではなく、「検知」「復旧」を含めた対策が必要であるという指針が示されています。
今回、ホームページを改ざんされた、又は不正アクセスを受けた企業の事例を交えながら、「検知」「復旧」に着目したサイバーセキュリティ対策のご紹介をさせていただきます。

デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
ITセキュリティ事業部 営業グループ 担当部長
田崎一隆氏
15:30~15:40 休憩(10分)
15:40~16:20 第三部『2017年に流行したサーバへの攻撃の紹介とTrend Micro Deep Securityを使った防御方法』
~3つの攻撃デモで解説するサーバセキュリティのあるべき形~

2017年はサーバに対する脅威が盛んな年でした。2月にはWordPress、3月にはApache Struts2の脆弱性を利用した攻撃が流行、5月には暗号化型ランサムウェア”WannaCry”が全世界的に流行しました。
昨年流行した脅威に共通する要素のひとつに「脆弱性を悪用している」ことが挙げられます。
そして脆弱性を突いた攻撃は、外部公開サーバのみならず社内のサーバにも増え続けています。
ウイルス対策プラスアルファの対策が必要となってきた今、どのような対策が必要なのか、そしてTrend Micro Deep Securityを導入することでどのように攻撃を止められるのか。
2017年に発生したインシデント(WannaCry、Word Press、Apache Struts2の脆弱性)のデモ動画を用いて解説します。

トレンドマイクロ株式会社
プロダクトマーケティング本部 法人製品マーケティング部 (情報処理安全確保支援士)
福田俊介氏
16:20~16:40 第四部『適切なクラウド利用でセキュアなWebサイトを!』
~ニフクラのオプション活用によるWebサイトセキュリティ対策~

インフラ選びはコスト重視になりがちですが、セキュリティ対策を欠かすことも出来ません。
本講演では、クラウドサービス「ニフクラ」で利用できるセキュリティ機能を紹介しながら、
Webサイトのセキュリティ対策をどのように行なうべきか、お伝えします。

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
パートナー営業部  
佐々木 耕平氏
16:40~17:00 質疑応答/アンケート回答20分
17:00 セミナー終了
17:00~18:00 相談会

アクセスマップ

開催地

東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア2F

アクセス方法

「東銀座駅からお越しの場合」
東銀座駅5番出口を出て、晴海方面に約150m直進。1Fにタリーズコーヒーの入っているビル。(徒歩3分程度)

「築地駅からお越しの場合」
築地駅2番出口を出て、築地市場方面に約100m直進。築地四丁目の交差点を右折し約100m直進。1Fにタリーズコーヒーの入っているビル。(徒歩5分程度)

留意事項

個人情報の取り扱いについて

今回ご提供いただく個人情報は、株式会社アイアクト、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社、トレンドマイクロ株式会社、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社が取り扱い、個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。
また、いただいた情報は、各社の商品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関連する情報をお客様にお知らせする目的で利用致します。

株式会社アイアクトの個人情報保護方針
https://www.iact.co.jp/privacy/

デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社の個人情報保護方針
http://www.ditgroup.jp/corporate/csr/privacy.html

トレンドマイクロ株式会社の個人情報保護方針
https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/legal/privacy-policy.html

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社の個人情報保護方針(ニフティ社共通)
http://www.nifty.co.jp/privacy/

その他注意事項など

  • 本プログラムは、予告なく変更される場合があります。
  • 競合他社様、個人事業主の方のご参加は、ご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。

講師

株式会社アイアクト 

ソリューションエンジニア
岩崎 崇生

ネット黎明期にプログラマとして業界に飛び込み、
システムエンジニア/プロジェクトマネージャー/エンジニアのマネジメントを経験。
現在、SIパートナーシップ推進とWebのシステム開発とAIの提案営業をおこなっている。
趣味は本格的なキャンプと登山と、42才から始めたスキー。独身。

デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社

ITセキュリティ事業部 営業グループ 担当部長
田崎一隆

長崎県佐世保市出身。
九州出身でありながら、とんこつラーメンは苦手で、長崎ちゃんぽんをこよなく愛する。
前職では、主にエンドポイントセキュリティに携わっていたが、前職在籍時に、WebARGUSデモンストレーションを見て、その魅力を知り、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社への転職を決意。
娘の為に、毎朝お弁当を作っている自称イクメン。趣味は、旅行と44歳から始めたスキー。

トレンドマイクロ株式会社

プロダクトマーケティング本部 法人製品マーケティング部 (情報処理安全確保支援士)
福田俊介

サーバセキュリティ製品のプロダクトマーケティング担当。サーバ内にあるお客様の情報資産を守るため、当社セミナーや外部講演にてサーバセキュリティの重要性を語り続けている。

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

パートナー営業部  
佐々木 耕平

ニフクラの営業担当として、主にWebサイト・ECサイト・ゲーム案件を担当。
 ニフクラ提案からローンチ後のサポートまで幅広くこなし、Web案件の知見を活かした対応には定評がある。